一人一人と向き合う教育を望みます

教育

一人一人と向き合う教育を望みます

かつてゆとり教育というものがありましたが、本当のゆとり教育とは個人と向き合う教育と思います。
その極致がマンツーマン教育で、勉強のみならず遊びの中にもこうした指導があっても良いのではと思います。
特に成長期にある子供への教育には大人の視点が欠かせず、取り分け子供だけの世界になりがちな遊びの時間も教育の範囲と、大人も交わることが大切ではないかと思います。
そんな考えから我が家ではなるべく子供から目を離さないようにしています。
遊びも親の目の届く範囲とし、遊んでいる様子をなるべく見ているようにしています。
大人の目があると子供達の関係に不和がもたらされることは滅多にないですし、安心して遊んでいるようです。
そして自分を良く見せようと努力する姿が見られるなど、大人から見られていることは色々なメリットがあると思います。
親という字は木の上に立って見ると例えられ、その対象は子供とも言われています。
親から見られている、即ち見守られている子供とそうでない子供とでは特に精神面の成長にかなりの差が出ると思います。
とはいえ両親共働き世帯が増える中難しいご家庭も多いと思いますので、学校教育でそれが叶えばと思いました。

オンラインカジノはスマホからでも楽しめます!

最高のギャンブル体験をご提供

日本でもギャンブルを楽しむ方法

ベラジョンカジノ

人気球技の表彰に対応!

最新記事