実際には話すことのできない日本の英語教育

教育

実際には話すことのできない日本の英語教育

最近英語教育の低年齢化が話題となっている。
ほんのひと昔前までは、中学生になって始めて英語を勉強する学生が大半であった。
それがここ最近になって公立の小学校でも英語を教えるようになり、さらにインターナショナルスクールに入学させたいという親が増えてきているのも事実だ。
しかし、小学校から英語教育を受けてきた子供たちの大半が英語を話せないのである。
その大きな要因が受験のための英語しかやってこなかったことにある。
受験の英語は、リーディング・ライティング・リスニングが中心でスピーキングの技能は問われない。
そのため多くのの学校で英語を話すという授業を行わない。
また、外国人教師がいない、あるいは生徒の前で英語を話せる自信のある日本人教師が少ないことも原因の1つであろう。
将来グローバル化がますます進んでいく中で求められているものは外国人と対等に議論できる力であろう。
これから日本を背負っていく子供たちの英語教育に関してもう一度考え直すべきではないだろうか。

最新記事