低用量ピル服用のメリットまとめ

オレンジと緑と水の入ったグラス

低用量ピルは、合成卵胞ホルモンと合成黄体ホルモンの含有量35μg以下の経口避妊薬と知られていますが、子宮内膜症に伴う月経困難症や機能性月経困難症、月経前症候群、更年期障害などの治療に用いられ、長期の服用で卵巣ガンや子宮体ガンなどの発症リスクを抑える効果があるとされています。

女性は、毎月の様に排卵する事で卵巣を傷つけ、肥厚した子宮内膜が剥がれ落ちる事で子宮に大きな負担をかけていますが、低用量ピルを服用する事で脳下垂体に合成女性ホルモンが作用し、卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンなどのホルモン分泌が阻害され、子宮内膜の肥厚抑制や排卵抑制などの作用により、卵巣や子宮への負担が大幅に軽減されます。
その為、長期の低用量ピルの服用で子宮内膜症や卵巣ガン、子宮体ガンなどの発症リスクが抑えられます。

低用量ピルの服用により排卵が抑制される事により、月経痛の原因とされるプロスタグランジンを分泌する子宮内膜の増殖が抑制され、月経困難症の症状が緩和出来ます。

一般的に子宮の知覚神経は、筋層までとされプロスタグランジンにより月経痛を感じるが、子宮内膜症の患者は子宮内膜にまで知覚神経が増殖している為に、生理の度に強い痛みに襲われます。
しかし、低用量ピルは、神経発育促進因子NGFを抑制する効果があり、知覚神経を減少させ子宮内膜症の痛みを抑える効果があります。

両手を上げて身体の調子が良さそうな女性

低用量ピルは、配合されている合成女性ホルモンにより、排卵後の女性ホルモンの急激な変化が原因とされる月経前症候群や卵巣の衰えによる女性ホルモンの不足が原因とされる更年期障害などのホルモンバランスを整える効果があり、月経困難症や更年期障害の症状を緩和します。

低用量ピルは、従来のピルに比べて副作用が少なく安全性が高い事から、ガンの予防や疾患の治療、美容などの目的で服用する女性が増えています。