低用量ピル服用のメリットまとめ
低用量ピル服用のメリットまとめ > 更年期障害には低用量ピルとアロマセラピー

更年期障害には低用量ピルとアロマセラピー

複数のアロマキャンドル

低用量ピルは、とてもいろいろな役割をもったものです。
例えば、40代からの女性がよくかかりやすいとされる更年期障害、こちらにも低用量ピルが治療のために使われることがあります。
更年期障害の特徴としては、やたらに汗が出てしまう、やたらにイライラしてしまう、などの他にもむやみやたらに人に当たり散らしてしまいたくなる…という心の葛藤、むかむかした気持ちが出てしまうケースがあります。
そのため、実際に、悪気はなくても周りからはイライラしているため、近寄りがたいなどのイメージを持たれてしまうこともあり、このような状態を治すために、低用量ピルが、治療薬として使用されることがあります。

上記のように、更年期障害は、イライラ感が出てしまうものであるため、心にリラックスを持たせることがとても必要となります。
そのため、アロマセラピーは、とても心が落ち着き、リラックスできる状態にしてくれるものであるため、アロマセラピーなどを使って、心を気持ちよくさせるために使用をされている女性が多くおられます。
また、仕事帰りや、寝る前などにアロマセラピーを使うと、とてもほんわかとした気持ちになることが出来て、気持ちが安心しながら、眠りにつくことができます。
このように、アロマセラピーは、上記のような更年期障害の女性に、とても心を休めさせてくれるリラックス効果があります。

一方で、低用量ピルについては、多くの場合が、産婦人科の先生から、診断と共に処方されるものですが、インターネットでは、偽薬などが出回ってしまっています。
とても安い値段であるため、病院に行くよりもいいから、という理由で偽薬と知らずに、偽薬を購入してしまうケースがありますが、とても危険な薬であるケースがあるため、注意が必要です。