低用量ピル服用のメリットまとめ
低用量ピル服用のメリットまとめ > 着床を防いで避妊できる低用量ピルの相場

着床を防いで避妊できる低用量ピルの相場

ピンク色のピルのシート

低用量ピルによる避妊の仕組みは、エストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンによって、排卵や妊娠のシステムをコントロールし、疑似的な妊娠状態を作って排卵を止め、妊娠を防ぎます。
また精子が子宮に入り込むのを防いだり、受精したとしても子宮内膜の増殖を抑えることで着床を防ぐ効果もあります。
そもそも妊娠とは、受精卵が子宮内膜に着床して発育する状態のことで、たとえ受精したとしても子宮に着床しないと妊娠は成立しません。

欧米に比べ避妊方法として使用している人はまだ多くありませんが、月経困難症の軽減や子宮内膜症の治療などにも利用されています。
低用量ピルは、偽妊娠療法とも呼ばれ、妊娠しているときと同じような状態にし、月経困難症だけでなく、子宮内膜症にも効果を発揮します。
ただ血栓症や乳ガンのリスクを上昇するとも考えられているので、服用する際には十分に注意し、医師の診断を受けた方がよいでしょう。

低用量ピルは、要指示薬の扱いとなっているので、医師の処方箋がないと購入することができません。
そのためピルを処方している病院を探すことが必要です。
医師であれば処方することができるので、婦人科の医師でなくてもかまいませんが、初めてピルを服用する際には婦人科の受診を受けて処方した方がよいでしょう。
ピルの処方にかかる費用は、保険が適用されません。
そのため薬代にプラスして診察料もかかるため、相場は約7000円前後かかってしまいます。

一般的な病院で処方されるピルの相場は、2500円ほどですが、どうしても病院に行く時間がない人や産婦人科に行くことに抵抗がある。
または一度病院で処方してもらったことがある人などは、通販を利用してみるのもよいでしょう。

通販サイトの相場は約1000円ほどですから、手軽に購入することができます。